怠惰の坩堝

8月18日の怠惰




c0165101_23335416.jpg



「釣れますか?」 問いかけると老人は足下の大きなクーラーボックスを指さして、「まぁまぁじゃな」と笑ってこたえた。ガタガタと賑やかな音をたてて、クーラーボックスは激しく揺れている。よほど大きな獲物にちがいない。私は老人の許可を得て、ボックスの蓋をそっと持ち上げ、中を覗いてみた。するとそこには、あぶらがのって、みるからに美味そうな、まるまると太ったカモメが十数羽、もがき、ひしめいていた。「今夜のオカズは、カモメ鍋じゃ!」老人は、歯の無い口を大きく開き、ギョケケギョケケと怪鳥の如く、雄叫ぶのだつた。




にほんブログ村 写真ブログ トイデジカメへ
[PR]
by nekomajiro | 2009-08-18 23:46 | VQ1015 ENTRY